目のクマの解消方法をクマのタイプ別に説明します

目のクマがあるだけで顔が暗く見えてしまうし「疲れてるんじゃないの?」なんて聞かれるしで、本当に悩んでしまいますよね。

当サイトは、目の下を解消するための「目のクマ撃退マニュアル」です。

ぜひ当サイトであなたが今悩んでいるそのクマがどんなもので、どのように対策すれば解消できるか知っていただければ幸いです。

私も目の下のクマでは長いこと悩んできました。闇雲にマッサージを続けた日々もあったりでずいぶんと遠回りしました。

私の経験が最短で目のクマが解消できるお手伝いになれば幸いです。

ぜひ一緒に目のクマを撃退しましょう!

目のクマの種類と原因と対策

一口に目のクマと言っても細かく見ると種類が異なりそれぞれ原因と対策が変わってきます。

ちょっとした図にしましたので、まずは下の図をご覧ください。

目のクマ判定チャート

これらのように目のクマには青クマ・黒クマ・茶クマと3種類あります。

これらの名称は医学用語ではなく一般的に言われている名称です。

医学的な意味では青クマのことをクマといいますが、実際問題としては「目の下のこの状態をどうにかしたい!」というお悩みですので、当サイトではこの3種類のクマを解消する方法をアドバイスしていきます。

青クマの原因と対策

青クマ解消「クマ」と言ったら一般的にこのタイプのクマを想像する方が多いと思います。

青クマの原因は主に2つあります。

青クマの原因1.目の周りの滞った血液が青黒く透けて見える

目の周りには血液がたくさん流れています。これは目という重要な器官でたくさん使われるからです。

目の周りの血液を運搬するのは筋肉の役目なのですが、その筋肉がこると血流が滞ってしまいます。

血液が流れずにその場に留まっていると酸素を失って黒っぽくなってしまいます。

その結果、その色が皮膚を透けて青黒く見えてしまうのです。

青クマの原因2.目の下の皮膚が薄くなり、その下の血液の色が透けて見える

血液が滞ると青黒くなります。それでもその上の皮膚がその色を透けさせないほど厚かったら青クマは見えません。

でも見えてしまっているのが現状です。

頻繁に動かす必要のある目の下の皮膚は、人体で最も薄い皮膚です。厚さは0.6mmほどです。

もともと薄いので外的要因でダメージを受けて菲薄化(薄くなること)しやすい部位でもあります。

青クマの解消方法

青クマを解消するには血行の改善と皮膚のハリを取り戻すケアが必要です。

青クマを解消する目の下の血行を改善する方法

青クマと黒クマ解消のための皮膚のハリを取り戻すスキンケア

黒クマの原因と対策

黒クマ一般的にイメージするのは青クマだと先ほど言いましたが、クマの悩みで一番多いのは黒クマです。

黒クマの原因

黒クマの原因は目の下の皮膚のたるみによる影です。

目は大切な器官ですので筋肉や脂肪に包まれています。

筋肉は自身で形を保てますが脂肪は何か支えがないと重みでたるんでしまいます。

その重みを支えているのが皮膚です。

しかし、皮膚が薄くなり脂肪の重みに耐えられなくなるとたるんでしまいます。

そのたるみに影ができてしまうという症状が黒クマです。

黒クマの解消方法

黒クマの解消方法は青クマの一部と同じく、肌のハリを取り戻すことです。

人間は歳とともに老化するものですが、自然老化意外の要因での肌老化でしたら適切なスキンケアで本来の状態までは戻ります。

ぜひ適切なスキンケアをおこなって肌のハリを取り戻しましょう。

青クマと黒クマ解消のための皮膚のハリを取り戻すスキンケア

茶クマの原因と対策

茶クマ解消茶クマはこれまで説明した青クマや黒クマとは全く別の原因です。

茶クマの原因

茶クマの正体はシミやクスミです。

目の下の皮膚はとても薄いため刺激の影響を受けやすいのです。

刺激というのは紫外線や乾燥、摩擦などです。

紫外線がシミの原因になることはすでにご存知かと思いますが、乾燥も表皮のターンオーバーを乱してしまいクスミの原因になってしまいます。

また、目を頻繁に擦るなどの摩擦も色素沈着の原因になります。
青クマ解消のためには良いとされているマッサージですが、やり方を間違えると今度は茶クマの原因になってしまいますので注意が必要です。

茶クマの解消方法

茶クマの原因のひとつがシミなので、シミに対しては美白ケアが必要です。

また、くすみは表皮のターンオーバーを正常に戻すケアが必要です。
ピーリングなどで古い角質を取り除いてやるのも有効です。

茶クマ解消のためのシミ・くすみケア

クマの種類に適切なケアをしよう

以上が目の下のクマの種類とそれぞれの原因と対策です。

青クマ、黒クマ、茶クマ、それぞれに合った適切なケアで目のクマを解消しましょう!

このページの先頭へ