アラサーになると、肌の乾燥化が進みます

20代の前半頃は、何もしなくても、お肌はピチピチ、化粧水すらほとんどつけていませんでした。

気にするようになったのは、20代の後半ごろ、実家に帰ったとき、兄に、笑うと目尻にシワができてるよ、と指摘されたことでした。

その時はすごくショックで、家族でも、やはり異性だし、言われると気にするものです。

それからというもの、入浴時には洗顔もするし、入浴後は化粧水をじっくり染み込ませるようにつけています。

よくやってらっしゃる方がいますが、パチパチと叩くように化粧水をつけると、肌が痛むとのことで、優しく抑えるようにしています。

乳液は、塗ると後でポロポロと角質のようなものが出てくるので、塗らないで、美容液をつけるようにしています。

また、テレビでやっていたのですが、大きく笑うと、歳をとってから、シワが残りやすいとのことで、笑うときも、口角を少し上げる程度で、目尻にシワがあまり寄らないように気をつけています。

また、シワを気にするようになってから、ほうれい線も気になりだしたので、30代になってからは、気がついたらほっぺを膨らませたり、マッサージしたりして、ほうれい線を伸ばすようにしています。

アラサーぐらいから、肌が乾燥しやすくなったので、特に鏡を見たりして、気をつけるようになりました。

(みっちょ様 30代)


乾燥肌って目の周りから症状が出てきますよね。

その理由としてあげられるのが、目の周りの皮脂腺の少なさです。

例えば目の下の皮膚をよく見ると、毛穴が少ないのがわかると思います。

毛穴が無いので皮脂が少ないのです。

皮脂は表皮の水分を閉じ込めて潤いを保つという大切な役割があります。

洗顔すると皮脂も落ちてしまいますので、過度な洗顔は禁物です。

ただ、メイクをしたら洗顔しないわけにもいかないですよね?

なので、洗顔後の保湿が重要になるわけです。

保湿で重要なことは青クマと黒クマ解消のための皮膚のハリを取り戻すスキンケアで書いた通り、目もと専用の美容液であるアイクリームを使うことです。

当サイトでは繰り返し申し上げていますが、スキンケアの基本は、保湿と紫外線カットの2つです。

まずはこの2つを徹底的にしましょう。

このページの先頭へ