青クマを解消する目の下の血行を改善する方法

目のクマの解消方法をクマのタイプ別に説明します」でご自分のクマのタイプが青クマを判明したか方へ向けて青クマの原因のひとつである「目の下の血行不良」を改善する方法をご説明します。

なぜ血行が悪くなるのか?

改善方法の詳細をお話する前に、なぜ血行が悪くなるのかですが、これは筋肉のコリが原因です。

血液が血管を流れる要因は2つあります。

ひとつは心臓のポンプの力によるもので、もうひとつは筋肉の伸び縮みで毛細血管が揉まれることによるものです。

目の下の辺りには心臓のポンプの力は及びません。筋肉の力で毛細血管の血液は移動します。

ですから、筋肉が凝り固まると血液はその場に留まってしまいます。

その場に留まり続けると血液中の酸素を失ってドス黒い色の血液になってしまいます。

普段の生活を見なおそう

前述のような理由で、基本的に青クマの解消方法は目の周りの筋肉のコリをほぐすことになります。

睡眠をしっかりとろう

寝不足の日にクマが出ているのならこの方法が一番良いはずです。

睡眠は万能薬で肉体疲労の回復には手っ取り早い方法です。

じっくり入浴をして血行改善

入浴も簡単に血流を改善する方法のひとつです。

ただ、一人暮らしで仕事の帰りが遅かったりすると毎日湯船にお湯をためてじっくりお風呂に入るのも難しいかもしれません。

私もそうでした。

なので、私がよく使っていたのは蒸気でホットアイマスクです。

使い捨てタイプなので寝る前にベッドの中で使って10分ほど目を温めてから眠りにつきました。

ズーンとした目の奥の痛みも軽くなりますので、仕事で目を酷使している方には特におすすめです。

マッサージでコリをほぐす?

血流改善の基本のマッサージは青クマの解消にも有効です。

ただし、注意点があります。

絶対に強い力をかけてはダメです。

皮膚は摩擦でくすんだり色素沈着を起こしてしまいます。

青クマを治そうと思ったのに今度は茶クマになってしまった…では困りますよね。

かと言って、弱い力でマッサージをして効果があるのだろうか?…とも思いましたので、私はやりません。

そういうわけでマッサージはおすすめしません。エステサロンなどのプロにフェイシャルマッサージをしてもらうのはいいと思います。

スマホを控えよう

私自身振り返ってみると目の筋肉のコリは仕事のパソコンではなく、スマホだったような気がします。

スマートフォンって画面が小さいので目の動きがパソコン以上にないんですよね。

眼球運動が殆ど無いので筋肉もコリ固まってしまうのではないでしょうか。

私の場合、スマホで一番何に時間を割いているかというとLINEです。
とても個人的な方法ですがLINEのグループの通知をOFFにするだけでかなりのスマホ時間を削減できました。
(勝手にやっててーって感じです)

青クマを解消する食習慣

冷たいものを避ける

身体が冷えると毛細血管も縮んでしまい血行は悪くなります。

冷たいものといえば、冷たい飲み物が摂る機会は多いと思います。
何を飲むか選べる場合はできるだけホットか常温のものを選びましょう。

さて、体を冷やすものというと冷たい飲み物だけでしょうか?

実は美容に良いイメージがある生野菜も体を冷やしてしまいます。

生野菜の食べ過ぎには注意しましょう。

サプリメントで手軽にクマに効く栄養素を摂ろう

では、摂ったほうがいいものはというとベリー類の果物です。

ブルーベリーなどに含まれているアントシアニンには目の疲労感を緩和する機能が報告されています。

サプリメントは健康食品であり薬ではないので、「あ〜 目が疲れたなー 飲も」って飲んですぐに効くものではありませんが、毎日摂り続けることで「あれ?そう言えば目が疲れにくくなったかも」といったように効果を感じるものです。

私はコンビニで売っているものから通販でしか買えないものまで数種類試しましたが、やわたのブルーベリーサプリを愛用しています。

まとめ

青クマの解消法を一言で言えば「目の周りの筋肉をほぐす」これに尽きます。

コリをほぐすためには、幹部を温めて、スマートフォンを必要以上に使うのを止めて、よく寝て、身体を冷やすものをなるべく摂らずに目の疲労を緩和するアントシアニンを摂ることが必要です。

全体的に生活習慣の見直しのようなものが多いですね。
最初は面倒かもしれませんが、これらの習慣は目のクマを解消するだけではなく、健康にいいことなので続けてみてはいかがでしょうか。

以上が青クマの原因のひとつである「目の周りの血行不良を改善する方法」です。

青クマについてはもうひとつの原因である「青クマと黒クマ解消のための皮膚のハリを取り戻すスキンケア」もぜひ参考にしてみてください。

どうせなら2つの原因を一気に対策する方が青クマを完全に解消するには近道です。

このページの先頭へ