夏でもこわい冷えの対策をしてきれいになろう

そろそろ、気温もあがり温かい日々が続いています。

夏場になれば、クーラーなど冷房がきいた場所にいなければならないことも多いです。

みなさんは、夏の冷えを感じたことはありますか?

足が冷えたり、半そでの袖なし部分から冷えることもありますよね。

身体が冷えることによって血流が悪くなるだけでなく、リンパの流れも悪くなります。

その結果、むくみが起きたり、老廃物がたまり便秘につながったりもします。

では、どんな対策が有効なのでしょう。

私が提案するのは、白湯を飲むことです。

この白湯を飲むのは、身体がとっても温まります。

お茶を温かくしてもいいのですが、緑茶などカテキンが入っているものは利尿作用があるので逆効果になる場合があるので気を付けてください。

白湯を飲むことで、基礎体温もあがります。

そして、冷えを感じにくくなり、血流は良くなります。

また基礎体温が上がれば、代謝も良くなるので太りにくくもなりますね。

白湯はカロリーもないので安心して飲むことができます。

私は食前に白湯を飲み、空腹感が満たされた状態で食事が摂取できるので暴飲・暴食もなくなりました。

なかなか時間がなくて、テレビでやっている方法など実践できない方などは、まず簡単な白湯を飲むことから始めてみて下さい。

この夏は、冷房にも負けずきれいな身体作りをしましょう。

(ひまわり様 20代)


さて、6月になりそろそろ夏ですね。

夏は冷えと関係ないと思っているかもしれませんが、現代社会ですと夏も冷え対策をしなくてはなりません。

やっぱエアコンの影響が大きいですね。

自宅でしたら自分が快適な温度に調整できますが、オフィスやお店などでは寒いからといっても自分が快適な温度には設定できませんからね。

そんな強制的に寒い環境にいなくてはならないのが夏なのです。

冷えは青クマの原因のひとつですので、ぜひ身体の冷やし過ぎには注意しましょう。

寒い時に着る用にカーディガンをオフィスに常備しておいたり、冷たい飲み物ばかり摂らずに暖かい飲み物にしてみたりとできることは多々あります。

このページの先頭へ