早寝をすることで、目の下のたるみが解消しました。

私は長年、目の下のたるみに悩んでいました。

特に40歳を過ぎてから、目の下のたるみが大きくなっていきました。

最初は単純に疲労や睡眠不足だと思っていました。

しかし、休日にたっぷりと睡眠を取っても、症状が良くなりませんでした。

目の下のマッサージや保湿対策なども行いました。

また、肌に良いと言われる食べ物を食べたり、むくみを取る効果のあるお茶などを飲みました。

また、気がつかない疲労が溜まっているかもしれないと思い、滋養のあるものも意識的に食べました。

しかし、それでも目の下のたるみが改善されることはありませんでした。

年齢的なことが原因だと思い、半ば諦めていた頃、諸事情によって早起き生活を強いられることになりました。

私は生まれつき夜型人間だと思っていましたし、子供の頃から夜更かしは当たり前で、毎朝早起きはほとんどやったことがありませんでした。

それでも早起きをしなければいけない生活に強制的に変更していくことによって、睡眠時間が足りなくなってしまいます。

毎日の作業をこなしていくためにも、きちんと睡眠を取っていくことが必要でした。

そのため、今まで楽しんでいた夜の時間を無くして、早寝を実行していくことにしました。

するといつの間にか気がついてみたら、目の下のたるみがすっかり改善されていました。

(モーニン様 40代)


目の下のたるみは黒クマの原因になる症状です。

黒クマはたるみの影の部分が黒く見えるから黒クマと言われています。

医学用語ではありませんが一般的にこう言われてます。

黒クマを解消するにはたるみケアが必要です。

そもそもたるみは皮膚のコラーゲンが減少して薄くなって皮下組織の重さに耐えられなくなることによって発生します。

だから、目の下の肌のコラーゲンを生成するようなスキンケアが必要になるのです。

モーニン様のように睡眠もその一つです。

その他にもコラーゲン生成を促す化粧品・美容液を使うこともおすすめです。

詳しくは「青クマと黒クマ解消のための皮膚のハリを取り戻すスキンケア」をご覧ください

このページの先頭へ